制作・作品等


執筆中

詩篇『行方』

  ~バッハへの彷徨~ 友に寄せて

 

「バッハ無伴奏チェロ組曲」全曲解析に並行して着手。

方法は未定ですが、いずれ発表する予定です。

僭越ながら、組曲の一つ一つを手掛ける中で感じ取ったことを正直に綴っています。

ヨハン・セバスティアン・バッハ『無伴奏チェロ組曲全集』

~親愛なる石場惇史君に捧ぐ~

 

 2016年秋、彼との30年ぶりの邂逅は、萎えていた私の心を甦らせてくれました。そして彼の真実の投げ掛けにより、無伴奏チェロ組曲の全六曲を解析してみようという思いに駆られました。しかし私ごときが、このような大それた取り組みに臨んで良いものかどうか悩みました。相当烏滸がましいことをやろうとしているのではなかろうかと半信半疑だったのです。しかし、彼の理解・協力・激励を受けながら、こうして無事完成させることが出来ました。

 このような類の解析というものは、恐らく日本では前代未聞でしょう。日本のチェリストは、未だ誰も着手していないかと思われます。それゆえ演奏においては、ヨーロッパの幾多のチェリストがもたらした既存のものをほぼなぞっているだけのような気がしています。

 この解析で一番の目玉となるのは、強いて言えば手の小さい日本人に弾き易くしてあることでしょうか。例えば重音において、可能な限りの工夫を凝らしました。

 願わくは、次の時代を担う若き音楽家たちが、音楽表現というものに新風を吹き込むべく、そのための参考資料として頂ければ大変嬉しいです。

 

出版する予定でいますが、今のところ未定です。


楽譜

『すみれ』

 

1971年ウィーンにて作曲~妻に捧ぐ。

日本情緒をウィンナ・ワルツのテンポ感にのせることによる新しい楽想への試み。

 

松野 迅氏がヴァイオリン用の譜面を起こし更訂版として発行。

1984年1月から2月にかけた一連の松野 迅ヴァイオリン・リサイタルにおいて日本初演。

その際、ヴァイオリン用とチェロ用のパート譜を添付したピアノ譜を同時販売。

 

楽譜制作:松野 迅・栗田将幸

デザイン:大場康弘

菊倍版

 

無伴奏チェロのための『哀歌』~REQUIEM~(1984年頃?)

 

急逝されたある人物を悼んで作曲した。

 

楽譜制作:名古屋楽譜工房 Nagoya Score Laboratory

     名古屋市名東区山の手1-9

デザイン:小原 仁(こはら ひとし)

A4版

 

2002年に小原氏が見本で制作。未だ販売には至っていない。


書籍

詩集『魅せられた伝説』

 

内容/「風の韻」25編、「肘掛け椅子」28編、「思惟の微笑」25編、「優しき歌」18編

 

2002年7月1日 第1刷発行

定価/2000円

 

著者/瀬越 憲

表紙デザイン/瀬越清美

 

編集者/柴野徹夫

発行所/山猫軒書房

 

印刷・製本/あかつき印刷株式会社

 

ついでに第1詩集と第2詩集を付け加えておきます。

当初は、同人雑誌等の関係でペンネームを冬樹亨もしくは冬木亨としていましたが、後にペンネームを廃止し実名を使うようになりました。

1冊目の詩集『風の韻』・・・

1985年1月30日 友人が結成した詩集「風の韻」制作出版委員会により発行されました。

2冊目の『冬木 亨 詩集』・・・

1989年8月10日 上毛新聞社出版部より発行されました。

 


レコード

『瀬越 憲~珠玉のチェロ名曲集』

 

 曲目:シューマン/幻想小曲集Op.73、サンサーンス/白鳥、フォーレ/夢の後に、パラディス/シチリアーノ、モシュコフスキー/ギターレ、ウェーバー/アンダンテと変奏、アルベニス/タンゴ、カサド/セレナード、アルベニス/マラゲーニア、スクリャビン/エチュード

 

録音:1983年5月19日・20日 神奈川県民会館小ホール

ディレクター:野中二郎

エンジニア:山口勝広

制作:フォンテック 

 

チェロ:瀬越 憲

ピアノ:安部昌子  

『エベルハルト・フィンケ・チェロ・リサイタル』

 

曲目:バリエール/2台のチェロのためのソナタ ト長調、ベートーヴェン/「魔笛」の主題による7つの変奏曲、レーガー/ロマンス、カサド/親愛の言葉、アルベニス/セレナータ・エスパニョーラ、ホンデミット/カプリツィオ、ブラッヘル/2台のチェロのためのソナタ

 

録音:1980年2月25日・26日 東松山文化会館

ディレクター:石場惇史

エンジニア:清水昭一

 

チェロ:エベルハルト・フィンケ

第2チェロ:瀬越 憲

ピアノ:神野 明 

『室内楽へのいざな』ひvol.1

 

曲目:シューベルト/弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956、カザルス/鳥の歌、クープラン/演奏会用小品

 

録音:1985年11月28日 綾瀬市文化会館

エンジニア:大村孝雄

 

Ⅰヴァイオリン:亀田美佐子

Ⅱヴァイオリン:松野迅

ヴィオラ:田口朝子

ソロ&Ⅰチェロ:エベルハルトフィンケ

Ⅱチェロ:瀬越 憲

『室内楽へのいざなひ』 vol.2

 

曲目:ブラームス:弦楽六重奏 第1番 変ロ長調 作品18

 

録音:1987年1月14日 三郷市文化会館

エンジニア:豊原隆一郎

 

Ⅰヴァイオリン:ピーナ・カルミレッリ

Ⅱヴァイオリン:亀田美佐子

Ⅰヴィオラ:松野 迅

Ⅱヴィオラ:田口朝子

Ⅰチェロ:瀬越 憲

Ⅱチェロ:河野文昭

 


CD

アレンスキー『ピアノ三重奏曲 第1番 & 第2番』

 

1992年1月、2月 中新田バッハホール

ディレクター:REIKO ITO

エンジニア:AKIRA IKEDA、SHUNICHI KOGAI

カバーデザイン:TOSHIBA-EMI DESIGN DPT.

写真:HIROSHI KOJIMA

プロデューサー:AKIKO TOHYAMA

 

ピアノ:高橋裕希子

ヴァイオリン:篠崎史紀

チェロ:瀬越 憲

 

 

『MEDITATION』~冥想曲~

 

曲目:ギャニオン/静かな生活・さよならの訪れ、久石 譲/君をのせて、バッハ=グノー/アヴェ・マリア、サンサーンス/白鳥、ドウナウディ/私の愛の日々、マルティーニ/愛の喜びは、ウェバー/メモリー、パラディス/シチリアーノ、多 忠亮/宵待ち草、瀬越 憲/すみれ、杉山長谷夫/出船

 

 録音:1997年12月18日 前橋市文学館

ディレクター:加藤佳典(Studio Lyric Inc.)

エンジニア:加藤佳典(Studio Lyric Inc.)

  

チェロ:瀬越 憲

ピアノ:秋本順子 

 

 

『ソネット』

 

曲目:サンサーンス/白鳥、瀬越 憲/すみれ、バッハ=グノー/アヴェ・マリア、ギャニオン/めぐり逢い、メラン=ウッド/私のたったひとりの人、コズマ/枯葉、五輪真弓/恋人よ、小椋 佳/シクラメンのかほり、ピアソラ/リベル・タンゴ、ルヴォー=フランソワ/マイ・ウェイ、ヴィラ・ロボス/カンティレーナ、カザルス/鳥の歌

 

録音:2003年4月10日・11日 相模湖交流センター

ディレクター:今泉成人(Victor)

エンジニア:加藤佳典(Studio Lyric Inc.) 

 

チェロ:瀬越 憲

ギター:田嶌道生  

 

瀬越 憲『作品集』

曲目:独奏ヴァイオリンと独奏チェロと弦楽合奏のための「すみれ」、2台のチェロのための『ミニアチュール~6つの小さな童話』、2台のチェロのための「希望への古風な前奏曲」、2台のチェロのための「シチリアーノ」、独奏ヴァイオリンと弦楽合奏のための「ノスタルジア」、2台のチェロのための「小さな組曲~バッハ風~」、ヴァイオリンとチェロとコントラバスのための「セレナード」、独奏チェロと弦楽合奏のための「ロマンス」、弦楽合奏のための「アダージョ~平和への願い~」

録音:2005年2月17日・18日 相模湖交流センター

エンジニア:加藤佳典(Studio Lyric Inc.)

独奏ヴァイオリン:藤田めぐみ

独奏チェロ:瀬越 憲

独奏チェロ:金子ユディット

弦楽アンサンブル:東京パシフィック室内オーケストラ